市販はおすすめできない?!男性向けメンズ用白髪染めランキング!

白髪が気になり始めると、とりあえずビゲンなどのドラッグストアやスーパーで入手できる市販の白髪染め購入される方が多いようです。

でも、市販されているものは白髪を染めること自体は出来ますが、刺激の強い薬剤や添加物を含んでいるものが多いので、あんまりおすすめ出来ません。

頭皮や髪の毛にダメージを与えることが多々あります。

その点、通販で買える白髪染めは多少値段は高めですが、不要な添加物が入っていないうえに、頭皮や髪の毛にダメージを与えるどころかケアまでしてくれるものもあります。

このページでは、

  • 頭皮や髪の毛へのダメージが低い
  • ネットで評判が良い

白髪染めをご紹介していますので、参考にしてもらえると幸いです。

なお、ご紹介している商品は、女性向けのものも含まれていますが、白髪染めとしては男性用も女性用も同じものです。

この記事でご紹介している白髪染めは男性用としても実績のある商品を選んでいますので、参考にしていただければ幸いです。

白髪染めの選び方

まず、白髪染めを選ぶ際に注意してほしい点をいくつかご紹介します。

白髪染めの色合い

種類によって色合いが変わるのが白髪染め。

  • ヘナタイプ:明るめの髪色に染めたい方におすすめ
  • ヘアカラータイプ:一度で染められるのが、髪が痛んでしまう可能性が高い
  • ヘアカラートリートメントタイプ:黒髪が染まりにくい

大きく分けて3つのタイプがありますが、それぞれには上記のような特徴があるのでその特徴を把握した上で購入しましょう。

白髪染めの種類

白髪染めには、

  • ヘアカラー
  • ヘアカラートリートメント
  • ヘナ

の大きくわけて3種類あります。

一番メジャーなヘアカラータイプは、種類が多くて価格も安く、ドラッグストアなどで気軽に購入できるやつです。

ヘアカラートリートメントタイプは、ヘアカラータイプにトリートメント効果が加わったもの。

ヘナタイプは100%天然植物で作られた白髪染めで化学成分が含まれてない一番安全な白髪染めです。

自分の髪質

自分の髪質を知らないと適切な白髪染めを選ぶことが出来ません。

  • 軟毛タイプ:髪が染まりやすい→ほぼイメージ通りに染まる
  • 硬毛タイプ:髪が染まりにくい→明るめにしたい場合はちょっと明るめの色を選ぶ

こんな感じで選ぶことをおすすめします。

白髪染めの頭皮への影響ってどうなの?

白髪染めによって頭皮や髪はダメージを受けます。

過酸化水素、アルカリ剤、ジアミン系染料によるダメージがあるのです。

過酸化水素を使って髪の色素を壊してから白髪染めをするタイプのヘアカラーは特にダメージが大きいです。

ジアミン系染料もダメージが大きいことが知られています。ジアミン系染料はアレルギー物質として危険性が高く海外では使用が禁じられている国もあるようです。

いずれも市販の安いタイプのヘアカラーによく含まれています。

できる限り、ジアミンが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

男性向けのメンズ用白髪染めランキング

  • LABOMO(ラボモ) スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

    LAMOBOは毛髪と頭皮のプロであるアートネイチャーが出している白髪染めです。

    ・待ち時間3分で美しく染まる
    ・使い続けるほど、ツヤのある美しい仕上がりへ
    ・7種類の美容保湿成分が配合

    という特徴がありますが、

    ・初回価格が安い
    ・定期回数の縛りがない
    ・送料無料

    というところから一番におすすめできる白髪染めです。

  • ハイステップヘアカラートリートメント

    ハイステップのヘアカラートリーメントは

    ・ジアミン不使用
    ・無添加
    ・ノンシリコーン
    ・天然由来の3種類の植物色素をふんだんに使用
    ・天然美容成分95%
    ・国内工場生産

    という特徴があります。

    また、初回は半額のコースがあります。定期の縛りもなく、期間も変更が可能です。
    30日間返品返金保証付きです。

  • サンカラーマックス

    サンカラーマックスはクシで白髪につけるだけで染まる簡単な白髪染めです。

    ヘアカラーではないので、髪や頭皮にやさしく、色落ちしにくいという特徴があります。

    また、染色効果も持続するのがこの商品の特徴です。

    いまなら初回購入キャンペーンで、もう1本プレゼント!

メンズ用白髪染めにはどんなカラーがあるの?

髪質によっても染まり具合に差が出るので、自分の髪質はある程度把握しておいたほうが良いです。

髪の毛が太く硬い髪質の場合は、染めようとしているカラーよりも少し明るめのカラー、柔らかめの人はあんまり気にしなくても大丈夫です。

ブラック

基本はブラックですが、あまりに真っ黒に染まってしまうと、いかにも白髪を染めた感じが強くなってしまい下手したらヅラっぽくなるので、注意が必要です。

ダークブラウン

40代から50代の方におすすめです。

ライトブラウン、ブラウン

20代から30代の方におすすめです。

 

メンズだとブラック、ダークブラウン、ライトブラウンがメインですね。

でも、女性用だといろんな色が出ているのでそちらもご紹介しておきますね。

オレンジ系

オレンジ系の茶色は、髪の艶が出やすいのが特徴

赤系

一番色が入りやすいのが赤系です。

ピンク、バイオレット系

うまくやれば上品かつ優雅に見えるのでとても綺麗です。でも、下手すると大阪のおばちゃん風になってしまうので、注意が必要です。

アッシュ系

赤やオレンジ系が嫌な人におすすめ。

シルバー

これはちょっと難易度が高いかもしれませんが、中途半端に白髪だったら思い切って、グレイやシルバーにしてしまおう系です。

若い子でシルバーの子といますよね。あんなイメージですが、これを大人の男性がするとハマれば結構かっこいい!

でも、ちょっと難易度高めですね。

白髪染めは眉毛にも使って良いのか?

眉毛に使っても大丈夫ですがヘアカラータイプは避けたほうが良いです

眉毛も髪の毛と同じ毛なので、白髪染めは使えます。

でも、かぶれや目に入ることがないよう注意してください。

また、成分的にやっぱりヘアカラータイプは避けたほうが良いです。

最低でも、ヘアカラートリートメントタイプ、できればヘナタイプを使うようにしてください。

また、染める際はスキンクリームを塗って肌を保護してからにしましょう。

他にも色々ある白髪染めのタイプ

シャンプータイプ

毎日のシャンプーで少しずつ白髪を染めていくタイプです。

ヘアカラーと違って即効性はありませんが、毎日シャンプーをするだけで染まっていくの手間という観点からもヘアカラー面倒、という人におすすめです。

また、髪や頭皮へのダメージが少ないのも良いところです。

リンスタイプ

通常のシャンプーの後にリンスするタイプです。

毎日の洗髪のついで、という感覚なので手間はかかりません。が、染まり具合はヘアカラータイプに比べると弱いです。

トリートメントタイプ

これもリンスタイプと一緒(トリートメントタイプのほうがメジャーですが)で、シャンプーの後にトリートメントするタイプです。

染まり方はゆっくりなので、時間はかかりますが、髪や頭皮にはとても優しいです。

他にヘアマニキュアと呼ばれることもあるタイプです。

泡タイプ

ヘアカラーが泡になっているタイプです。1剤、2剤など混ぜ合わせる必要がないので簡単に染められます。

使い切らなくても、保管しておけるので少しずつ染めるということも可能です。