Sponsered Link

パタゴニアのナノエア・フーディが凄いんです。

何がすごいのか口コミをみれば一目瞭然なのでちょっと見てみませんか?

洗濯とかジャブジャブできるのかしら。

パタゴニアのナノエア・フーディが凄い理由を口コミ、レビューでチェックする

image

ナノエア・フーディはフルレンジ・インサレーションの画期的なフーディ。

保温性と伸縮性に加え、優れた通気性があるので、動いたり止まったりを繰り返す山での激しい有酸素運動にも最適なんです。

 

この、ナノエア・フーディはいったん腕を通したら、脱ぐ必要がありません。

軽量、丈夫で悪天候に対応する耐久性撥水加工済みのリップストップ・ナイロン100%製シェルと平織りの裏地のあいだに濡れても保温性を維持するフルレンジ・インサレーションをはさんだ素材はとんでもない伸縮性と通気性。

フードは頭にかぶるデザインですが、小さめのヘルメットでもぴったりとフィット。

洗濯は水洗いOK。汚れたところは水洗いで綺麗にしてください。

 

まぁ、とにかくこのナノエア・フーディの口コミ、レビューを見てみてください。

 

タイトルの通りです。汗抜けがよく、動きやすいです。寝るときはあったかさを残して存在感だけを消してくれます。表現方法はさておき、行動着として布団として完璧だと思いました。

30歳。去年、登山をはじめ。装備で打ちのめされ。勉強をはじめ。正直、登山用品は高いだけだと思ってた。 ほぼはじめての登山用品店、パタゴニア直営店の門をくぐり、なじみのない値段のこのジャケットを羽織った。瞬間、いろんなシチュエーションが浮かび、びっくりした。家に帰り妻に相談する。正直、うちでは今までにない値段のジャケット。OKがでるわけがないと思ってたのにOKがでた。やたらと、目を輝かせてナノエアを語っていたらしい(笑次の日購入。2014年10月以来、出勤や遊び、家の中でもずっと着用している。洗濯しても4時間もかからず乾く。札幌の1月現在でもキャプ2とナノエアでガンガン外に行けます。ナノエアの紹介VTRをみてクライミングに興味を持ち、ボルダリングをはじめ、家にプライベートウォールまで作ってしまいました。今年はナノエア装備して外の世界に踏み出そうと思います。 出会えてよかった。

 

広告のとおり、ずーーっと着用しっぱなしでオッケーの東北スノーボードツアーでした。リラックスタイム、移動中、スノーボード中…このサイクルの中ほとんど着ていました。ストレッチも程よく着ている感じが本当にしませんでした。フードは少し小さめですが、悪く言えばかぶりにくいですが、よく言えば被ってしまえば、ずれなく、着心地が良いのは上記にあるとおりなので違和感無くかぶっていられます。本当に良い買い物ができたと思いますが、ただ1つ残念なのは6日間の旅だったのですが、その間にアゴにあたる部分(アゴ髭とこすれる部分)に毛玉が出来てしまったことです。磨耗耐性が出しにくい素材かとは思いますが、たったの6日間では残念でなりません。

 

ジャケットのblackを購入。広告どおりのスペックで大満足してます。フーディーはナノパフのCOCRをを愛用していますが、ナノエアのフーディーもほしい。色がかぶってもかまいません。ぜひ来年はCOCRを出してください。即購入させていただきます!

 

昨日、燕岳で使用しました。身長175cm体重71kgで、サイズはM、カラーはフェザーグレイを購入。天気は晴れ、登山口の気温は2℃、山頂の気温は−5℃。 普段の雪山では、上半身はキャプ3とトリオレットジャケット(寒いときは中間にR1)、下はキャプ4とアルパインガイドパンツ。今回、上半身はキャプ3とナノエア、下はキャプ4とアルパインガイドパンツで登りました。 このコンディションでは、風が少しある燕山荘から山頂までの稜線ではちょうど良かったのですが、樹林帯を登る際には暑かったです。樹林帯ではナノエアは脱ぎ、代わりにフーディニを着て歩きました。次回、曇りや雪の日で着たまま歩いてみます。 燕岳のような普通に歩いて登ることができるルートでは、本領を発揮できないのかもしれません。ロープを出す機会が多いアルパインルートや、晴れているけれど風のある稜線歩きには良さそうだと思いました。 あと、気になったのは、ウエストベルトを締めた際に当たる部分の耐久性。今回は15kg位しか背負っていなかったのですが、背中の擦れた部分が小さい毛玉になっていました。 全体としてはデザインと素材感も気に入っていて、今シーズンの雪山だけでなく、街でも着ようと思っています。

“軽く柔らかい着心地の気持ち良さ。第一印象はこれに尽きます。完全ではないがフリースよりも風を通さず、風を防ぐフィルムと違い柔らかい。活動後そのままテントで快適に過ごせるオールインワンとしてこの秋一番出動機会の多いジャケットとなりました。動きの良さもあってテンカラ釣りでも、冷たい北国の波乗り後の着替えジャケットとしても、とにかく重宝しています。これから山の季節にどんなに活躍してくれるか?とても楽しみな一着ですね。”

この夏のニュージーランドへのトリップでは一ヶ 月間毎日着用した。登る時、滑る時、キャンプ、長距離の運転、トレッ キング、山小屋で食事を作るときも、食べるときも、寝袋に入るとき、そして寝るときも、空港でも、街でも。ここまで長時間着続けられるのは、通気性や保温性ももちろんだけど、伸縮性能がすばらしい点が大きい。 着ていてストレスが無く、フードも伸縮するし、着ている事を忘れそう。唯一心配なのは暗いテントの中でナノエアーを着ながら、このジャ ケットをどこにしまったか探す自分が想像出来る事。

生地は化繊のカサカサ、シャカシャカ感は全くなく、吸い付くようなしっとりとした包まれ感のある着心地です。それでいて防風性があり、透湿性はかなりのもので本当にムレにくい。撥水性もあるので雪や小雨は問題なく、化繊なので乾きやすい。
最初は秋冬メインに考えて購入しましたが、あまりに着心地が良いので3000m級のテント泊では夏でも寝るときに着ています。
保温力は個人差がありますが、厳冬期はインナーや行動着として、春秋はアウターや休憩着として一年を通して使える抜群の汎用性です。

普段着としては、気温10度以下だとウィンドブレーカーやライトダウンをプラスする必要あり。気温20度以上だと暑い。15度前後の季節に街から登山は着替えなくシームレスに行けて良いです。触り心地も良し。

軽く・保温性・通気性もよいので快適のため、どのタイミングで脱ぐのかよく分かりません、一日中着ていても良いような。
みんなでこれ着ていれば、暖房いらないかも・・・(笑)

高機能で文句なしです。
昨年は手に入りませんでしたので、早めに購入しました。

???

あれ?最後のコメント見る限り、人気があって購入できない可能性があるってことですかね。

早めに購入しておいたほうが良いかもしれないですね。

色は何色かあるのですですが、特にこのブラックはいい感じですね。

Sponsered Link