スポーツフードアドバイザー資格を取る時、資料請求から始める理由とは?

スポーツフードアドバイザーとは、選手が試合で最大限の能力を発揮するために勝てるカラダ作りを提案するスペシャリストです。

プロ野球選手やプロサッカー選手など、一流選手・チームには専門の管理栄養士がついていることは知っていると思います。

でも、現在はプロの選手・チームはもちろんのこと、小中学生から大学生、ノンプロ選手にも指導をしているので、とてもニーズの高い資格です。

でも、具体的にどのような仕事内容なのか分からない人がほとんどだと思います。

また、資格を取得するためにはどうすれば良いのか、試験問題や難易度はどうなのか?なども気になるところ。

実際に「試験に落ちた」という人もいますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

スポーツフードアドバイザーの資格を取るときに資料請求から始める理由とは?

「選手が試合で最大限の能力を発揮するために勝てるカラダ作りを提案する」とは言っても、具体的にどのようなことをしているのか分かりませんね。

例えば

  • スポーツに必要な栄養素
  • 練習の成果を最大限に引き出す食事
  • 疲労回復のための栄養

の知識をつけることはもちろんの事、それを「いつ・何を、どれくらい食べればいいのか」までを指導することがスポーツフードアドバイザーの役割です。

スポーツフードアドバイザーになるには?

スポーツフードアドバイザーになるには、実務経験などの受験資格はなく、誰でも受験することができます。

しかも、JADP認定校であれば在宅受験が可能です。

そのため、子育てや仕事で夜しか時間が取れない忙しい人でも取得可能な資格です。

とはいえ、合格基準の得点率は70%以上ですので、まったく勉強しなくても大丈夫、ということはありません。

実際に試験に落ちている人もいます。

なので、まずはどういったものかを確認するためにも、資料請求から始めることをおすすめしているのです。

資料請求から始める

コメント

タイトルとURLをコピーしました