Sponsered Link

従来の体組成計がかなり進化してきていて筋肉の質に点数をつけて評価してくれるようになりました。

筋肉に点数って聞いたことないですね。一体どうやって点数をつけるのでしょうか?

あなたの筋肉点数何点ですか?タニタ インナースキャンデュアル RD-903

image

タニタのインナースキャンデュアルRD-903は筋肉の質を点数化して表示してくれます。

筋肉の点数ってなに?

筋肉に点数ってどういうことかというと、筋肉の質と言うのは量だけでなく、筋線維の太さが重要。

その筋線維の太さを測り0から100点で表示してくれるのです。

筋線維とは?

運動不足になると筋肉量が落ちていきますが、それは筋線維が細くなっているということ。

その筋線維が細くなると運動能力が落ちるのはもちろんのこと、けがもしやすくなるといいます。

筋線維を太くするには?

細くなった筋線維を太くするには運動あるのみです。運動をしてない人が筋力トレーニングを始めると、まず筋線維が太くなり密度が上がります。

そして、筋肉量が増えていくという段階を踏んでいきます。

今までの体組成計はこの筋肉量は測れても質までは測ることはできませんでした。

なので、筋トレをしても全然結果が出ないので、挫折するなんて人も沢山いたわけです。

 

でも、筋線維の変化まで確認することができれば、モチベーションの維持になり、トレーニングも継続してできるようになります。

この継続できる、というのがトレーニングする上ではとっても重要なんですよね。

 

どうやって筋線維を測るの?

通常の体組成計は体に弱い電流を流して電気の抵抗から脂肪や筋肉量を測っています。

 

このRD-903は2つの周波数の電流を流すことで計測値のブレを補正して、通常の体組成計と比較して正確な数値を出すことができるのです。

 

ブルートゥースに対応

RD-903の便利なところとしてブルートゥースに対応しているということがあげられます。

ブルートゥースによりスマホにデータを転送することができるのですが、スマホからRD-903を起動することもできて計測直後にデータ連携なんて芸当も。

 

前の機種ではiOSだけだった対応状況も、今回からAndroidにも対応していたのでスマホを選ぶこともありません。

 

体組成計の一般家庭普及率は40%近い。

その体組成計の購入時に最も重視されるのが「精度」

 

このRD-903は精度も高くスマホとの連携もばっちり。そしてこのデザイン。

体組成計は頻繁に買い替えるようなものではありません。長く使うという観点から見てもトータル的に見てRD-903はおススメの体組成計と言えますね。

Sponsered Link