Sponsered Link

日本人の死因として依然トップに君臨するがん。早期発見により治る可能性が高くなっていますが、早期発見が難しいがん↓もあります。

胆管がんの治療法は?早期発見が難しいがんだった

でも、線虫ににおいをかがせるとがんの有無を判別してくれるといいます。

その驚異的な内容は単にがんの有無をチェックできるだけのものではありませんでした。

がんを早期発見をするすごい方法があった。線虫とはなにものだ?

image

線虫とは?

線虫とは回虫などの仲間の一種で、体長は1ミリくらい。

形はウナギみたいな感じです。

image

線虫はにおいをかぎわける能力が高く、その嗅覚は犬なみだといいます。

どうやって見極めるのか

どうやってがんを患っているかを判断するかというと、線虫が入った容器に人の尿(おしっこ)を入れて、線虫の動きを見ます。

がんを患っている人の尿には寄り付き、がんでない人の尿からは離れていきます。

どうしてがん患者の尿だけに寄りつくのかというと、がんを患っている人の尿などはにおいが違うといわれています。

体内でがん細胞が活動、死滅したりする際に出す物質のにおいが独特なためです。

 

気になる精度は95.8%

 

現在一般的な検査方法である腫瘍マーカーに比べて精度が高いです。

 

驚くのはそれだけじゃない

この見極めだけでも凄いことですが、驚くべきはほかにもあります。

そのひとつがスピード。

判定に必要な時間は1時間半。

通常の検査は当日に出ることはないので、当日に結果が出るところかたったの1時間半で結果が出てしまうというのですから驚きです。

そして、費用。

安く検査できるといわれても、まあ、数千円はかかると思うところですが、この線虫を使った検査であればなんと数百円で済むといわれています。

腫瘍マーカーが数千円から1万円程度かかるので、この価格は驚異的です。

 

言われている、というのも、実はこの線虫での検査方法はまだ研究段階です。

なので、まだ、線虫での検査を行える病院はないんですね。

九州大学のチームが発見した方法で、現在は日立製作所とJOHNANが組んで実用化に向けた研究を続けています。

 

一日も早く私たちの行く病院で線虫での検査ができるようになるといいですね。

Sponsered Link