Sponsered Link

子供が小学生になると自転車に乗り始めますね。あなたのお子さんもそうかと。

でも、乗り始めはへたくそなので事故の可能性が高いわけです。でも、自転車だからと高をくくっていると高額な損害賠償を請求された事例もあったりします。

そうなると、やっぱり自転車保険は必要なのか?と考えますが、実は必ずしもそうではないんですね。

小学生に自転車保険は必要なのか

image

最近では自転車事故で9,500万円なんていう額の損害賠償命令が出た事例もある自転車事故。

この事故は小学5年生の男の子が時速30キロくらいで走っていたところ、女性をはねてその女性は頭がい骨骨折で意識不明になったという事件。

自転車では重大な事故を起こすことがないと考えているかもしれませんが、そうでもないということを認識しておいた方が良いです。

 

そんな損害賠償額の事例もあるくらいですから、やっぱり自転車保険へは加入しておいた方が安心と考えるのが普通でしょう。

 

自転車には車やバイクのような自賠責保険のような加入が義務付けられた保険はありません。

そのため、もし、自転車保険に入るのであれば、自分から自転車保険に加入する必要があります。

自転車保険とは

保険会社からは自転車保険としてプランが出ていますが、実は選択肢は自転車保険に限定されたものではないって知ってますか?

 

まず、自転車保険がどういうものかと言うと

  • 事故相手への賠償補償
  • 自分の被害補償

がセットになったものです。

 

でも、自分への被害補償というものについては、公的な医療保険などでカバーできることが多いので、あまり重要視する必要はありません。

よって、自転車保険加入のポイントは相手への賠償補償ということになります。

 

では、賠償補償が大きい自転車保険へ、となる前にちょっと確認を。

この賠償補償は自動車保険や火災保険に特約で付けることができる「個人賠償責任保険」で対応できる場合もあるんです。

この特約をつけたこと自体を忘れている場合もあるので、まずは加入済みの保険があればそれを確認してみましょう。

もし、特約が付いていれば特に自転車保険に加入する必要がなくなります。

 

特約が付いていない場合は、そこから初めて自転車保険への加入を検討すればよいわけです。

 

なお、賠償補償額としては過去の事例等を踏まえ1億円以上を目安にしたいところです。

自転車保険であればそれほど保険料が高くなることもありませんので、無制限での加入をお勧めします。

 

Sponsered Link