話題の格安SIM。でも、大半がdocomoの回線を使用しているので、auのスマホ(iPhone)を持っていてもあまり恩恵を受けることはできない、、、と思ってませんか?

実はそんなことないんです。

auのiPhoneを格安SIMで使う方法

image

auのiPhoneを持っている方にご紹介したいのが、mineoという格安SIM。

mineoと書いてマイネオと読みます。

なんと、mineoだと月額700円からデータ通信ができちゃうんです。

 

日じゃないですよ、月です。月額です。

 

でも、ちょっと注意が必要です。その点もご紹介しますね。

 

mineoの料金

まず、mineoを使う際は、データ通信だけをする

シングルタイプ

と、音声通話もできる

デュアルタイプ

のプラン選択が必要です。

 

これの選択の仕方ですが、auから完全に乗り換えるのであればデュアルタイプになりますし、au側はガラケーなどにして音声通話だけを残す場合はシングルタイプということで良いです。

どうしてau側に音声通話だけ残すかというと、家族割引を使っている場合や、通話時間が多い場合(通話時間が多い人は大手キャリアのプランの方が安くなる)、そして、やっぱり通話は安定している大手キャリアに残したい、という人むけのものです。

ちなみには私はガラケー残しての2台持ちです。

 

次にデータ量です。格安SIMは通信データの量で月額費用が変わってきます。

まずはシングルタイプです。

  • 500MB:700円
  • 1GB:850円
  • 3GB:980円
  • 5GB:1580円

1GBの場合は、初月1GB追加サービスがあるので迷ったら1GBで間違いありません。

1ヶ月間様子をみて1GBで十分であればそのままのプラン、不足しているようであれば3GB、5GBへ切り替えればよいです。

 

お次はデュアルタイプです。

  • 500MB:1310円
  • 1GB:1460円
  • 3GB:1590円
  • 5GB:2190円

こちらは090の番号が付与されて通話もできるものですが、データ量の考え方はシングルタイプと同じです。

au側で通話できる携帯の契約を残す場合はシングルタイプを選べばOKです。

 

あなたの現在の携帯電話の月額費用はいくらですか?

mineoに切り替えると1GBのプランだと1460円ですよ。

仮に6000円だとしたら、4分の1です。浮いた4500円でおいしいものでも食べたほうが良くないですか?

 

とはいえ、iPhoneを切り替える場合はちょっと注意が必要なので、次の記事で解説しますね。

auのiPhoneを格安SIMで使う方法(注意点)