Sponsered Link

15日に群馬で発生した突風はダウンバーストと呼ばれるもののようです。

ダウンバーストとは?動画で見る突風の凄さ。

image

ダウンバーストとは下降気流のことで、地面に衝突すると、四方に風が拡がり災害を起こすほど強いもののことを言います。

15日に群馬で発生した突風はこのダウンバーストのようで、瞬間的には33メートルから49メートルくらいの突風が吹いたようです。

※突風の強さを示す「藤田スケール」は6段階のうち2番目に弱い「FI」!

 

しかもダウンバーストが発生する際は急激に気温が下がるとのこと。

群馬のものも突風前の約10分間で気温が11、3度も急低下していたことが分かっています。

この気温の急低下はダウンバーストが発生した際に起こる現象の一例で、ひょうのようなものが降ってきたいたことも確認されています。

 

今回の被害は

  • 車が横転し2人がけが
  • 建物の屋根などが飛ばされる被害
  • 6メートルある野球用のネットが支柱とともにおよそ30メートルにわたって倒れる
  • 窓ガラス20数枚が割れる
  • 電柱が倒れる
  • 3300世帯が停電

などなど。

幸い死者は出ていないようですが、一歩間違えば、という状況ですね。

 

https://youtu.be/P4KvYeKZM18

これ凄いですね。普通に歩いている人もいます。

被害の状況が分かります。

これもなかなかすさまじいです。

 

Sponsered Link