Sponsered Link

出張や休暇、夏休みでスーツケースの出番が多くなります。やっぱり、機内に持ち込める小型スーツケースが便利ですね。

機内持ち込みOKの小型スーツケースランキング

プロテカ マックスパスH

image

国産高級ブランド「プロテカ」の小型スーツケース。特徴は、前面に取り付けられたポケット。移動中にスーツケース本体を開けずに、ノートパソコンやタブレット、書類、チケットなどを整理して出し入れできるのがとても便利。

機内持ち込みできる最大級の40リットル。収納量が多く、国内移動など幅広い場面で使いやすい小型スーツケース。

前面ポケット内の間仕切はとても使い勝手が良い。

ポリカーボネートにABS樹脂を混ぜた素材で強度を高め、キャスターは静音タイプ。

取り付け部を本体に埋め込むことで収納スペースを確保。3年間の製品保証あり。

リモワ サルサ キャビンマルチホイールイアタ

image

ドイツの高級スーツケースブランドの人気シリーズの小型スーツケース。

表面はつや消し加工ですっきりしたデザイン。つや消しの色合いが落ち着いた雰囲気のため、キズが目立ちにくく、汚れも落としやすいというメリットも。

走行性が良いマルチホイールを搭載。サルサシリーズは容量16~104リットルまで小型スーツケースから大型まで12種類そろっている。

サムソナイト コスモライト スピナー55

image

ポリプロピレンシートを何重にも重ねたカーヴを使用。機内持ち込み可能な小型スーツケースで1.8キログラムととても軽いの特徴。

表面の凸凹したリブ構造がケースの剛性を高めている。貝殻から発想したデザインで、衝撃やゆがみなどにも強い。

ハンドルは支柱一本で高さを多段階に調節できて、サイドハンドル付きで扱いやすい。

リモワ トパーズ キャビンマルチホイールイアタ

image

アルミニウム製の表面はリモワ特有の並行リブデザインの小型スーツケース。

キャスターはサルサ同様、前後左右に自在に動くダブルマルチホイール。TSAロックはフレーム2カ所に埋め込まれた器具に搭載されている。

ハンドルは高さを自由に調節できるタイプ。容量17~98リットルまで12種類がそろっている。

ワールドトラベラーグルーオン05656

image

本体の背面部にあるダイヤルを操作すると、キャスターを固定することができる小型スーツケース。

このストッパーがあるおかげで、スロープや揺れる電車内などでもケースが安定し、急に走り出す心配が無い。フレーム構造にポリカーボネート素材を組み合わせ、本体上部の角はプロテクターで補強。上部および側面のハンドルは手を離すと元の位置に戻る。4輪走行もスムーズにできます。

レジェンドウォーカー 6203-50

image

前面のポケットに書類や小物を収納できて便利な小型スーツケース。フレームは極細タイプだが、上部2カ所の角が補強されているので頑丈。

アクティブキューブ スカイマックス アルファ

image

ファスナーの部分を広げると、容量が通常時の39リットルから5リットル増える拡張仕様の小型スーツケース。ファスナーのつまみが持ちやすく、開閉しやすい。女性でも扱いやすいスーツケース。

ピジョール アルモニー 05731

image

とにかく軽い小型スーツケース。上部と側面には手を離すとゆっくり戻るハンドルあり。内装は両面に中仕切りが装備されていて、しっかり固定できる。

プロテカ 360

image

縦方向にも横方向にも開けられる小型スーツケース。片面に集約して荷物を入れるタイプなので高さがある物も収納しやすい。

スーツケースを立てたままパソコンなども出し入れできるのが便利。

 

ちなみに今ってスーツケースを「買う」のではなく「レンタル」する人が増えてるって知ってますか?その方が安上がりだし、何より邪魔にならなくてよいので、人気があるのもうなずけます。


Sponsered Link