Sponsered Link

世界遺産に登録が勧告された「明治日本の産業革命遺産」とは?

世界遺産に登録か?「明治日本の産業革命遺産」一覧

0001

「明治日本の産業革命遺産」は、福岡県の八幡製鐵所など、九州の5つの県と山口県、岩手県、静岡県の8つの県の合わせて23の資産で構成。

国内の広い範囲、8つのエリアに構成資産が分散しているのが特徴です。

八幡製鐵所や、三菱長崎造船所の大型クレーンなど、現在も稼働している民間企業の施設が含まれているのがとても珍しい資産です。

では、その一覧を見てみましょう。

山口県萩市

1、萩反射炉

萩藩が西洋式の鉄製の大砲をつくるために建造した、金属を溶かすための炉。現存する当時の反射炉は国内に2基しかなく、日本の産業史上、貴重な遺産です。

image

2、恵美須ヶ鼻造船所跡

幕末に萩藩が伝統的な和船の技術を使って西洋式の軍艦2隻を建造したとされる造船所の跡地。

image

3、大板山たたら製鉄遺跡

砂鉄を原料に木炭を燃焼させて鉄を作っていた江戸時代の製鉄所跡。

image

4、萩城下町

萩藩の政治的・経済的拠点。近世の封建社会が分かる町として今に受け継がれています。
天守閣のあった萩城跡などがあります。

image

5、松下村塾

重要な役割を担った数多くの人材を輩出した教育施設で、吉田松陰が指導したことでも有名ですね。

image

鹿児島市

6、旧集成館

薩摩藩が建設した造船や紡績、製鉄などの工場群。当時の機械工場としては、現存するものとして国内で最も古い洋風の工場で、このほか、大砲の砲身などを製造した反射炉の跡などもあります。

image

7、寺山炭窯跡

幕末に木炭を製造していた薩摩藩の炭窯の跡。

 

8、関吉の疎水溝

旧集成館に引かれていた水路で、取り付けられていた水車の動力を利用して大砲の砲身などが製造されていました。

長崎市

9、小菅修船場跡

船を修理するための施設の跡で、外見がそろばんのように見えるため、「そろばんドック」の愛称と呼ばれています。

image

10、三菱長崎造船所 第三船渠

明治38年に完成した大型船を修理するドック。イギリス製の排水ポンプは今も使われています。

image

11、三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン

明治42年に設置された150トンのつり上げ能力があるクレーンで、今も現役で使われている「稼働資産」。

image

12、三菱長崎造船所 旧木型場

明治31年に建設されたれんが造りの建物。鋳型を製造するのに必要となる木型を製作。造船所内にある最も古い建物で、現在は史料館として使われています。

image

13、三菱長崎造船所 占勝閣

迎賓館として使われた洋館で、現在も、進水式などの祝賀会などの際に利用されています。

image

14、高島炭坑

長崎市の西の沖合にある高島にある炭坑。石炭の需要の高まりを受けて、幕末から明治にかけて開発された海洋炭坑で、日本の炭坑近代化の先駆けとなりました。

image

15、端島炭坑

「軍艦島」の通称で有名ですね。高島炭坑の技術を引き継ぎ、炭坑の島として開発されたもの。閉山後の現在は、無人島となりましたが、一部に限って上陸できるようになっていて、観光名所になっています。

image

16、旧グラバー住宅

石炭や造船などの当時の日本の主要産業の近代化に貢献したスコットランド出身の貿易商、トーマス・グラバーの活動拠点。長崎市を代表する観光名所の1つ。

image

福岡県

福岡の八幡エリアの2つの資産はいずれも製鉄関連の施設。

17、官営八幡製鐵所(北九州市)

「旧本事務所」、「修繕工場」、「旧鍛冶工場」が対象。

・旧本事務所

明治32年に建設され、八幡製鐵所トップの長官や外国人技師が執務した場所で大正時代以降は研究所として使われました。屋根瓦に赤れんがという和洋折衷の建築様式が特徴。

image

・修繕工場

明治33年に建てられた現存する国内で最も古い鉄骨構造の建物。現在も使われていて、内部では100年余り前と同じクレーンが稼働しています。

・旧鍛冶工場

明治33年に建設され金物や大型の工具が製造されていました。現在は資料室として使われています。

18、遠賀川水源地 ポンプ室(中間市)

製鉄に必要な水をひくため明治43年に作られました。11キロ余り離れた製鉄所まで今も水を送っています。

image

福岡県から熊本県にかけての三池エリア

2つの資産からこの三池エリアは構成されています。

19、三池炭鉱、三池港(福岡県大牟田市と熊本県荒尾市)

「宮原坑」、「万田坑」、「専用鉄道敷跡」、「三池港」が対象です。

・大牟田市の「宮原坑」

明治31年に石炭の採掘が始まり、高さ22メートルのやぐらは、鋼鉄製のものとしては、現存するものの中では国内で最も古いとされています。

image

・荒尾市の「万田坑」

明治時代に作られた炭鉱としては国内で最大の規模です。

image

・大牟田市と荒尾市にかけての「専用鉄道敷跡」

石炭を運んだ5キロ余りの専用鉄道の跡で、レールは撤去されていますが、コンクリートの枕木が残っています。

image

・大牟田市の「三池港」

石炭を積み出す港として、100年以上前につくられ、炭鉱がなくなった今も現役の港として使われています。港の水位を保つために作られた「閘門」と呼ばれる水門があります。

image

 

20、三角西港(熊本県宇城市)

明治20年にオランダ人技師が設計して建設され、一時期、三池炭鉱で採掘された石炭を国外へ輸出する港として利用されました。今も石畳のふ頭や水路が残っています。

image

佐賀

21、三重津海軍所跡(佐賀市)

幕末に佐賀藩がつくった海軍の施設の跡で、日本で初めての実用的な蒸気船が建造されました。

image

静岡

22、韮山反射炉(伊豆の国市)

江戸時代末期に、外国から国内を守るための大砲を作った、現存する中では日本最古の製鉄施設です。

image

岩手

23、橋野鉄鉱山・高炉跡(釜石市)

江戸時代末期に作られた現存する国内最古の西洋式の高炉の跡などからなる史跡です。

image

Sponsered Link