Sponsered Link

「2045年問題」とは2045年にはコンピューターの性能が人間の脳を超えるという予測のこと。

続きをみてみる。

2045年問題とは?2045年には人間を超える?

2045年にはコンピューターの性能が人間の脳を超えると予測されています。

この予測はコンピューターの性能が18ヶ月毎に2倍になると予測した「ムーアの法則」に基づいたもの。

 

この話の中では、「シンギュラリティ」という言葉が出てきます。

シンギュラリティとは「特異点」のこと。

シンギュラリティとは、コンピュータが進化を遂げ続け、2045年頃にその未来を人間が予測できなくなるとする説です。

人工知能(AI)が自分自身でプログラムを改良できるようになると、永続的に進化ができることになります。

その結果、ある時点で人間の知能を超えて、発明などはすべて人間ではなく人工知能ができてしまうようになる。

つまり、人工知能が人間の最後の発明になるという、仮説です。

 

なんだか怖い話ですね。

 

詳しくはこちらをチェックしてください。(日経のサイト)

人工知能「2045年問題」 コンピューターは人間超えるか

 

 

Sponsered Link