Sponsered Link

酸性泉とは、多量の水素イオンを、硫酸・塩酸などの形で含有する温泉のことを言います。

この酸性泉が血糖値を下げるというのです。

酸性泉で血糖値を下げる方法。

 image

酸性泉ってなに?

この酸性泉。その名の通り酸性なので殺菌効果や肌を剥がして新陳代謝を促進などの特徴のある温泉です。

そんな感じなので、人によって肌が弱い場合はピリピリとした刺激を感じたり、悪い影響を与える恐れもあるものです。

 

特に強酸性の温泉の場合は「肌がピリピリして痛い」と肌荒れがひどくなることもありますので、お風呂から出る際には必ずシャワー、酸性泉を体から洗い流すことが重要です。

 

酸性泉です、というためにはちゃんとした基準があって、

 

温泉水1kgの中に水素イオンが1mg以上含まれている温泉

 

と定められています。

塩酸や硫酸、ほう酸を多く含むという、日本特有の泉質。

 

そして、強さというものがあって、pHが2から4程度は酸性泉。pHが2未満になると強酸性泉と呼ばれます。

 

この強酸性泉、短期間で金属を溶かしてしまうほどの力があるというのでちょっと気をつけないといけません。

 

酸性泉は、火山近辺から湧き出るものが多くて高温の傾向があります。

また、色は無色か、わずかに黄色がかっていて、硫酸塩泉からできているので、硫黄が含まれています。

味は酸性が強いので「すっぱい」です。

臭いもあの硫黄特有の強い刺激臭がします。

 

効能は?

酸性泉は酸による殺菌効果が高いので、

  • 水虫
  • ニキビ
  • 湿疹

などの皮膚の病気や

  • 切り傷
  • 外傷

に効能があります。

その殺菌効果の高さから「直しの湯」「仕上げの湯」と呼ばれることもあるくらいです。

 

酸の作用で古い肌が剥がれやすくなるので、新陳代謝を活発にして肌をキレイにする効果があるので、女性にも人気があります。

 

さらに、酸性泉を飲んだ場合は、胃腸を刺激して消化器系の病に効くと言われています。

 

もちろん、一般的な温泉の効能である、

  • 神経痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 五十肩
  • 運動麻痺
  • 関節のこわばり
  • 打ち身
  • くじき
  • 慢性消化器病
  • 痔疾
  • 冷え性
  • 病後回復
  • 疲労回復
  • 健康増進

にも効能があるといわれています。 

 

そして、この酸性泉、血糖値を下げる効果があるんです!

 

そのコツとは、とにかく連日入ること。

 

なので、一日1回とかじゃなくて、2泊3日で、一日3回は入ります。

そうすると、入浴するだけで、血糖値が下がるんです。

 

血糖値が高くて困っている方にとっては、温泉につかっているだけで、下がるというのですからおススメです。

 

酸性泉の温泉探しはこちらからどうぞ。

Sponsered Link