iPhoneXが発売されましたが、結局どこが一番お得なのかが気になるところ。

東京の一部の店舗では前日から行列ができるなど、いつものiPhoneの新製品が発売される際の、12月24日の夜に寝る前の子どものようなワクワク感が感じられますね。

最近iPhone熱も若干冷め気味だったので、喜ばしい話かと。

顔認証やワイヤレス充電、フレームレスなどが盛り込まれて、その価格は12万円を超える金額。

ちょっとそれ高すぎない?と言っても、「仕様です」で片付けられてしまうような残念感がそこにはありますが、まぁ、仕方ないんでしょう。

12万であればかなりハイスペックなパソコンが買えてしまう値段ですが、そこは携帯大手3キャリア側もいつもの負担が軽くなるようなプラン施策を導入してきています。

が、やっぱり格安スマホ会社と契約してアップルからSIMフリー版を購入した方が安い場合もあるので、ここは結構悩みどころです。

ということで、料金を比較してみました。

auが最安?iPhoneXを契約するなら結局どこが一番お得なの?

大手3キャリアの料金比較

前提条件:

  • iPhoneX 64GB
  • 2年分の総額での比較
  • 個人契約で最安値となるプラン
  • すべての顧客が適用されるキャンペーンのみを適用
  • 還元されるポイントは反映

データ2GBプランの場合のランキング

  1. au 176,592円
  2. ソフトバンク 195,480円
  3. docomo 199,032円

auが最安値となった理由は新料金プランの「auピタットプラン」によるもの。
このプランの端末割引はありませんが、通信料金が最大3割値下げしたプラン。
通常の通信料金は月額4,480円となります。

データ5GBプランの場合のランキング

  1. ソフトバンク 208,440円
  2. au 228,432円
  3. docomo 237,912円

ソフトバンクが最安値となった理由は月々の端末に加え、端末料金が最大半額になるプランが適用できるため。
2つの端末負担が軽減できる施策を適用することが出来たため、最安値となった。

データ20GBプランの場合のランキング

  1. ソフトバンク 227,880円
  2. au 228,960円
  3. docomo 263,832円

20GBプランもソフトバンクが最安値。端末の割引プランが効いています。
auの価格が5GBと大差ないので、auで契約をする場合は、5GBを選ぶのであれば20GBにしてしまった方がお得ですね。

格安SIMでは安くなるのか?

そして待ってましたの格安SIM。

アップルからSIMロックフリー版を購入して、別途格安SIM業者で契約をするパターンです。
OCN モバイル ONEを比較対象として例にあげると

  • 3GB 169,680円
  • 6GB 177,552円

とやっぱり格安SIMに軍配が上がりますね。

OCNモバイルONEの詳細はこちらからどうぞ