別記事で関東のジップラインをご紹介しましたが、世界のジップラインは凄いですね。

途中で手を離してロープから外れたりしてるんですが、あほなのかもしれません。

まぁ、こんなのを日本でやったら、すぐにお役人さんが来て捕まってしまいそうですが、やっぱり世界は広いなぁ、と感じることができるものとして純粋に楽しめるのではないでしょうか。

世界のジップラインがハンパじゃなかった件

パナマのジップライン

まずは、こちらはPANAMAのジップラインです。

ビルから下に向けてジップラインが走っているのですが、到着点がぱっと見でわかりません。

そんな状態でスタートするのですが、20秒あたりで超びっくり。手を離すだけでなくジップラインからも外れてるんですが。。。

でも、大丈夫、到着点が見えなかった理由がわかりますよ。

しかし、これ少し間違ったら死んじゃいますね。普通の人はできないです。

ネパールのジップライン

お次はネパールのジップラインです。

これいいですね。本当に空を飛んでる感じが味わえそうです。

こういう感覚は普通はパラグライダーとかじゃないと味わえないんじゃないでしょうか?やったことありませんが。

日本でもこのくらいの感じのところがあれば是非一度体験してみたいですね。座るタイプなので、それほど恐怖感もなく楽しめそうです。

1分くらいのところからがちょうど滑るところです。

ハイチのジップライン

次はハイチです。

これは海へ向かって一直線です。爽快で凄い気持ちよさそうですね。

こんなきれいな海に向かって滑り下りれたらいいですね。

最後は海に着地かと思ったら、ちゃんとしたところに着地していました。

動画見るとわかりますが、結構スピード出てるんですね。最後に「ガチ」と止まっているのが、「へーこんな感じにギュっと止まるんだ」と印象的でした。

フィリピンのジップライン

フィリピンのジップラインです。この記事に使っている画像のところですね。

これは座るタイプじゃなく、寝るタイプなので、本当に飛んでる感じになるんだと思います。

これも海に向かって降りるのですが、最後は島に到着です。

面白いのが着地方法。そのまま滑り降りて着地するのではなく、手前で失速して止まるんですね。

そして、最後は係りの人が引っ張っていくという安全と言えば安全な感じです。

ちょっと言葉だけでは伝わりづらいので動画をみてください。

カナダのジップライン

最後はカナダです。

これはちょっと今までのとは規模が違いますね。ジップラインが何本かに分かれていて、山全体を滑り下りてくる感じのタイプです。

これは滑りごたえありそうです。木の間を滑り下りるのなんて、まるで進撃の巨人の立体起動装置で飛んでいるかのような感覚を得られるのではないでしょうか。

是非、自由の翼のマントを羽織って挑戦してみたいものです。

いかがでしたでしょうか。

やっぱり世界は広いですね。最初のパナマは死んでしまいそうなので嫌ですが、綺麗な海へ滑り下りるジップラインなんかはすごく気持ちよさそうですよね。

ジップラインを目的として旅行なんてのもありかと思います。

保存