Sponsered Link

採血をしなくても血糖値を測定できるようになるというのですが、それがApple Watchでできるというのですから驚きませんか?

とうとう血液を採ったりすることなく、血糖値を測れる時代になってきました。

Appleが血を採ることなく血糖値を測る技術を開発中という情報が。

とうとうApple Watchで血糖値が測定できるようになるか

Appleが開発中という血糖値測定センサーは、体を傷つけることなく血糖値を測ることができるようですが、その技術とは、光を皮膚に浸透させて血液内のグルコースレベルを測定するというもののようです。

Apple Watchに実装されるのではないかと言う話ですので、そうなると今ひとつ振るわない?Apple Watchもとうとうメインストリームの製品となってくるかもしれませんね。

どうしてAppleが血糖値?

Appleと血糖値、メディカル系はあまり結びつかない気がしますが、どうやら、Appleには極秘のプロジェクトチームがあるようで、この血糖値測定もバイオメディカルチームというところが開発に携わっているとか。

生前のジョブズが考えたプロジェクトチームということなので、Appleとしてはかなりの思い入れがあるのではないかと想像します。

この血糖値測定センサーがあるとどうなるのか。

まず、この血糖値測定センサーがあると、糖尿病患者さんにとっては自分の血糖値をリアルタイムで知ることができるので、食事の制限等を細かくできることになりますね。

また、医療現場でも測定が簡単にできるようになるので、かなり便利になるのではないでしょうか。

血圧だけでなく、血糖値も手軽に測定できるようになれば、健康管理にかなり有効なものとなりそうです。

血糖値を下げる方法とは?

血糖値を下げる方法としては、

  • 有酸素運動
  • 野菜から先に食べる

ということがよく言われます。

有酸素運動は血糖値下げるのに効果的と言われています。例えば食後にジョギングなどの有酸素運動をすることで、血液中にある糖分を燃焼しエネルギーとして利用されるので、血糖値を下げる効果があるというものです。

野菜から先に食べることは、血糖値の急上昇を抑える効果がある言われています。

食べ物や飲みものでも血糖値を下げる、上昇を抑えるものとして以下のようなものがあげられます。

  • 玉ねぎ
  • キノコ類
  • アボカド
  • ブロッコリー
  • 納豆
  • 豆腐
  • オクラ
  • こんにゃく
  • キャベツ
  • サバ
  • コーヒー
  • 緑茶
  • ヤーコン茶
  • プーアル茶
  • 玄米茶

あとは、運動や食事制限は大変なので、以下のような桑葉エキスを摂るという方法もあります。

桑葉エキスが血糖値を下げる理由

Apple Watchってどんなもの?

Apple Watchとは、2015年4月24日に発売された腕時計型ウェアラブルコンピュータのことです。

スマートウォッチなんて言われるカテゴリの製品ですが、Apple Watchだけでなく、様々なメーカーからこの腕時計型ウェアラブルツールは出ています。

38mmと42mmの2つのサイズが展開されていて、ケース、風防、バンドなどで値段が異なります。

機能としては、音楽を聴いたり、写真を見たり、iPhoneのカメラをコントロールしたり、メッセージ、電話、メール、マップ、Siri、天気、株価のチェックなどをしたりすることができます。

健康管理系としては、心拍数を測ったり、消費カロリーを計算したりというものはありましたが、血糖値を測定できるとなると本格的な感じがさらに増しますね。

詳細はこちらからどうぞ

https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-2/

Sponsered Link