Sponsered Link

いよいよ暖かくなり春休みや行楽シーズンに突入です。

お子さんの学校が休みだと親は困るんですよね。

そんなお父さん、お母さんに親子で学んで楽しめて、しかも無料の施設をご紹介します。

中には事前予約が必要なものもあるので気を付けてくださいね。

関東で無料で親子で楽しめる施設 9選

まずは東京から。

築地市場(東京都中央区)

何かと話題の築地市場です。

移転はどうなるのでしょう。。。。

という話はおいといて、魚介類の取扱量が世界最大規模の活気あふれる市場。

海外の人からも人気で観光スポットになっています。

人気のマグロ卸売場のせり見学は午前5時の受付で先着120人までなので注意してくださいね。

周辺にある場外市場で海鮮グルメを味わいながら散歩するのも楽しい。

築地市場

国会議事堂(東京都千代田区)

中央広間は高さ約33メートル。

柱や壁に使う石灰岩をよく見ると、巻き貝などの化石があることも。

本会議場も傍聴席から見渡すことができます。

普通はテレビでしか見ることないですが普通に見学できるんですよね。

10人以上の団体のみ事前予約が必要です。

本会議開会中など見学できないこともあるので、事前に確認してくださいね。

国会議事堂

警視庁(東京都千代田区)

通信司令センターでは110番通報を受けている様子も見学できます。

クイズで防犯対策を学ぶ「ふれあいひろば警視庁教室」というのもあります。

予約が必要です。

警視庁

国立天文台三鷹キャンパス(東京都三鷹市)

1921年に建設された太陽黒点観測用の第一赤道儀室や26年建造の天文台歴史館などがあります。

東京都内とは思えない緑豊かな環境も魅力。

国立天文台三鷹キャンパス

日本銀行(東京都中央区)

厚さ90センチ、重さ25トンの扉を持つ巨大な旧地下金庫は見学の目玉の一つ。

本館は国指定の重要文化財になっています。

予約が必要で、基本的には中学生以上になっています。

日本銀行

次からは東京以外ですね。

国立印刷局小田原工場(神奈川県小田原市)

全長13メートルの印刷機で紙幣を印刷する様子が見学できます。

偽札防止技術の解説もあったりとなかなか興味深い。

予約が必要です。

国立印刷局小田原工場

首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)

大雨で増水した河川から水を取り込み、トンネルを通じて江戸川に流すための地下施設。

世界最大級の規模です。

予約が必要です。

首都圏外郭放水路

海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)

海洋研究開発機構とは何かというと、深海や地球内部の究明にあたる組織。

海洋科学技術館では深さ6500メートルまで潜る有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型に乗船することができます。

予約が必要です。

海洋研究開発機構

筑波宇宙センター(茨城県つくば市)

宇宙兄弟でおなじみJAXAです。

正門近くにどーんと横たわる全長約50メートルの「H-2ロケット」は本物です。

天気予報でおなじみの気象衛星「ひまわり」もありますよ。

見学ツアーは宇宙飛行士の養成施設を見る宇宙飛行士コースと宇宙ステーションコース、ロケットの音響を体験するロケットコースの3種類。

見学ツアーは予約が必要です。

筑波宇宙センター

 

予約が必要だったり、会館日が決まっていたりする施設もあるので、ホームページをチェックしたり、直接電話をして確認することは忘れないでくださいね。早速春休みに見学してみてはいかがでしょうか?

Sponsered Link