Sponsered Link

補聴器の相場価格ってなかなかわからないものですが、購入する際は相場を知らないととんでもない価格で買わされてしまうこともありますので注意が必要です。

また、メーカーでもそれぞれの特徴があるので比較したほうが良いでしょう。

補聴器の相場価格。メーカーでも比較をすることを忘れずに。

image

補聴器の相場って?

まず、補聴器の相場を調べてみました。

一言で補聴器と言っても、タイプや機能によって価格は異なりますので、一概にそのままの価格で比較することができるものではありませんので、あくまでも目安としてみてくださいね。

  • 耳に入れるタイプ:7万円くらいから
  • 耳にかけるタイプ:5万円くらいから
  • 骨伝導タイプ :7万円くらいから

といったところでしょうか。高価なものは50万円とかするものもあるようですが、本当に必要な機能や性能かについてはしっかりと確認してから購入したほうが良いですね。

なお、アナログタイプとデジタルタイプがあって、デジタルタイプのほうが価格は高くなりますが、音がクリアになります。

そのあたりでも値段が変わってきますので注意が必要です。

 

メーカーで比較すると

補聴器メーカでは

  • ベルトーン
  • シーメンス
  • ワイデックス
  • オーディコン
  • ユニトロン
  • GNリサウンド
  • バーナフォン
  • フォナック

といった海外メーカーが有名です。

でも、国産も負けてなくて

  • パナソニック
  • リオン

なんかが頑張っています。

一概にメーカーで比較するよりも、機能や性能、価格で選択するのが良いと思います。

補聴器選びの難しさ

補聴器はその価格からも「ほいそれ」と気軽に買えるものではありません。

どうしても合う合わないがありますので、いちばんよいのは実際に試してみることです。

でも、近所に補聴器を取り扱っているお店がない場合もありますよね。

そんな時こそインターネットの出番です。

以下の補聴器なら10日間無料お試し期間があります。

もちろんその間に「違うな」と思えば返送すれば無料です。(返送時の送料だけはかかります)

10日間無料で試せる補聴器

 

無料で10日間試せるというのは結構重要で、本人が嫌がっている場合なんかにまずは頼んでしまってそれをさりげなく使ってもらうんですね。

もちろん、それで「やっぱりいらない」となればそれまでですが、そこで「意外に良い」となったらそのまま使ってもらえばよいだけですから。

この補聴器なら相場から外れていませんし、口コミからもよいことは確認できるので安心できると思います。

Sponsered Link