Sponsered Link

2016年いよいよ電力の小売りが完全自由化されることから、従来の電力会社以外からの新規参入が続々とあります。

各社セットでの割引きを行ってきますが、その割引きがトリプルセット割。

一体どこのトリプルセット割がお得なんでしょうか。

トリプルセット割で一番お得なものは何?電気代を節約する方法

image

2016年4月から電力の小売りが自由化されます。

以前より高圧電流は自由化されていたのですが、今回からは低圧電流や家庭向けの「電灯」と呼ばれている電力への参入も自由化されることになります。

これにより今までの電力会社以外からも電力の小売りができることになりますが、その市場規模は7.5兆円とも言われています。

各社さまざまなサービスで顧客の囲い込みに入ってきますが、電力単体での割引ではなく複数のサービスをセットにする割引き施策を打ってきそうです。

JX日鉱日石エネルギー ENEOSでんき

ENEOSのガソリンスタンドでガソリンを入れると割引特典を用意。

さらにKDDIの通信料金の割引きも。

これで電気、ガソリン、auケータイのトリプルセット割が完成する。

東京ガス

電気、ガス、通信料金のトリプルセット割

東急パワーサプライ

電気、電車の定期券、ケーブルテレビのトリプルセット割

ソフトバンクでんき

電気、通信料金でのセット割で参入するようです。

詳細はこれからですが、もともと電力供給には力を入れているソフトバンク。

ちょっと気合を入れたセット割を導入してきそうですね。

 

という感じで、トリプルセット割は

・電気

・各社のサービス

・ケータイなどの通信料

というのがベースになりそうです。

 

車やバイクに乗っていない人はガソリンを含んだトリプルセット割の恩恵を受けることはできませんし、東急の電車を使っていない人は鉄道会社のセット割りは意味がありません。

各社のサービスを見て自分にあった割引きを選択する必要があります。

自由化は2016年4月から。1月下旬から各社のサービスの詳細が発表されますので、どこの会社のどのセットが自分に最適かを選びたいところですね。

Sponsered Link