介護保険報酬の請求業務をタブレットで効率化出来る介護ソフトが注目されています。まずは資料をチェックすることから始めます。

タブレットで使える介護ソフトを比較

image

介護ソフトとは、介護事業者が使う、「介護保険報酬」の請求業務を効率化するためのソフトウェアのこと。

介護保険報酬請求に必須の

  • 請求額の算定
  • ケアプラン等各種帳票の作成
  • 利用者や過去に作成した帳票

など各種データを管理しなければならないわけですが、これが結構大変なわけです。

それを効率的に管理する事ができるのが「介護ソフト」というわけです。

介護ソフトを導入することで得られること

この介護ソフトを導入することで、作業時間を短縮し 「業務効率の向上」ができることになります。もちろんタブレットで使えるものがベストです。

必ずしもパソコンの前に座って業務ができるとは限りません。

そして、この介護ソフトを導入することで、面倒で煩雑な請求系の事務作業がかなり削減出来ます。

ひいてはこの負担の大きい事務処理が楽になれば、悩みの種となる人件費を削減させることも出来るようになってきます。

希少な介護ソフトを比較するサイト

これからご紹介するサイトは介護ソフトの比較サイト。

さまざまな介護ソフトのメーカーを一括で資料請求することができますので、とりあえず資料を取り寄せて検討するには最適というわけです。

 

介護ソフトは複数のメーカーから販売されています。

そのそれぞれの会社のサイトをチェックして、いちいち問い合わせをしていたらそれだけで時間がかかってしまいますし、なにがなんだかわからないですよね、実際のところ。

かと言って、相見積もりも必要だし、ニーズにあった良いソフトを選ぼうと思うと、どうしても一社と言うわけにはいきません。

以下のサイトであれば、いちいち各社のサイトを見て比較検討しなくても簡単に各メーカーへ一括資料請求が出来ます。

これで検討するのも楽になります。

もちろん無料ですので、是非、活用してみてください。