芥川賞を受賞した又吉直樹の火花。

それが映像化されることになったのですが、ネットフリックスでの独占放送になるとのこと。

その真相は?

火花が映像化。ネットフリックスで独占配信の真相とは?

image

芥川賞受賞作品の火花。とうとう累計発行部数は200万部を突破してその勢いは止まりません。

ここまで本が売れると話としてあがってくるのが、映像化の話。

その映像化はどこがするのかが注目されていました。

ほぼ、すべての民放局が打診したらしいとの情報もあるくらい、やはりどこの放送局も注目していた案件。

結局は9月から日本でもサービスを開始するアメリカのネットフリックスに決まった模様です。

その背景は、又吉の所属する吉本興業と電通デジタル・ホールディングスが10月にそれぞれ出資してインターネット向けの映像ビジネス会社を立ち上げるのですが、その会社で火花を制作することになっているわけです。

もちろん火花だけを制作する会社ではないと思いますが、きっかけを作った火花はやっぱり凄いですね。

で、火花の制作費用の一部をネットフリックスが出すようです。

まぁ、要するにお金出すから、一定期間は独占で配信する権利を与えますということですね。

それが、火花独占配信の理由です。

ちなみに著作権は制作側が保有するようなので、ネットフリックスの独占配信期間が終了すれば、民放局へ販売したりDVD化したりすることができます。

吉本と電通、やっぱりしっかりしていますよね。

でも、ネットフリックスも話題性と言う点で、どうしても抑えたかったでしょうし、お互い様ですが。

どんな感じで映像化?

火花の映像化ですが、1話45分の10回程度の連続ドラマの形をとるようです。

キャストが気になりますが、吉本興業のタレントや人気俳優なども起用されるようです。

又吉本人が出演しちゃえばいいのに、とか思いますけどね。

映画化はないの?

映像化と言えば、映画になってもいいと思いますが、今のところ映画化の話は出ていないようです。

ベストセラー→映画化の流れは自然なので、今後出てきそうですね。

ネットフリックスってどうなの?

ところで、ネットフリックスはなんなのかと言うと、見放題の動画配信サービスを提供しているアメリカの会社で、9月2日から日本でも月額650円という低価格で提供を開始を予定しています。

この定額動画配信サービス、先日、アマゾンがプライムビデオで参入すると発表していてかなり熱いジャンルです。

そのあたりは、こちら↓もご参照ください。

定額で見放題の動画配信サービスを比較してみた

どこもコンテンツの充実度が普及のポイントになるので、魅力的なコンテンツの開拓に躍起になっています。

ネットフリックスでは、火花を始め、男女の共同生活を描いたテラスハウス、米の人気ヒーローもの番組デアデビルなどを独自コンテンツとして提供を予定しています。

あなたもこの機会に定額動画配信サービスデビューしてみてはいかがですか?