SIMカード(格安SIMカード)の勢いが止まりません。

2015年5月以降に購入した端末は一定期間を過ぎたらSIMロックを解除しなければならなくなっていますが、どのキャリアも半年後の11月ごろが目安となっています。

でも、それを待たずに格安SIMの人気が出ている理由とは?

SIMカードを即日購入できる量販店はここ

SIMカード

格安SIMが使えるSIMフリー端末の台数のシェアは15%弱と前年に比べて8%以上伸びています。

 

SIMフリー端末の機種が増えたことも理由の一つですが、やっぱりその価格にみんなが注目しているのが大きいですね。

 

中でも、家電量販店などの店頭販売が好調です。

  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ

などの大手量販店に加え

  • イオン
  • ゲオHD
  • 楽天

なども店頭販売を開始していたり、準備を進めている状況。

今後も販売競争は続くことになるでしょう。

 

しかし、中でもY!mobileの勢いがものすごいわけですが。

Y!mobileのスマートフォンなら2,980円!

 

各社の動きの厚さがすごくてビックカメラでは、格安SIMの専用カウンターを9月からはグループの郊外に強いコジマにも導入して120店舗で展開する予定。

 

即日購入できる量販店は?

中には即日購入できる店も出ています。

携帯では即日購入はあたり前の時代ですが、格安SIMとスマホセットなんかはなかなかそうもいかなったんですね。

 

それが徐々に変わってきています。

 

ヨドバシカメラ

申し込んだその日に格安SIMを手に入れることができます。

9月までに即日サービスの店舗を増やす予定を立てているようです。

イオン

全国でおよそ200店舗で即日引き渡しサービスを展開中です。

売り場でもスマホ売上の2割がイオンスマホだというのですが、なかなかの快調ぶりです。

 

あなたがもし、まだ、大手キャリアのスマホを利用しているのであれば、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

下手すると4分の1くらいの維持費になりますよ。